わきがと指摘されて以降、注意していること

高校時代のことです。母親から「わきがのにおいがする」と指摘され、皮膚科に連れて行かれました。

 

自分ではあまり気付いていなかったのですが、確かに、よくにおいを確認してみると、なんとなく「わきが」っぽいようなにおいはしたのですが、自分のことなので、いまいちよく分からなかったのです。

 

訪れた皮膚科では、「手術をすれば良くなる可能性はあるが、しばらくは制汗剤などで様子を見ては?」とのことでした。

 

そのため、それ以降は、しっかりと消臭効果のある石鹸で洗ってから、制汗スプレーやクリームなどを使うようにしています。

 

しっかりケアをしていれば、あまりにおいはしない…と思っているのですが、やはり自分のことは良く分からず、不安なので、つい家族に確認をしてしまいます。

 

極端ににおいが強かったのは高校時代で、それ以降はだいぶ落ち着いているようです。

 

家族に確認しても、高校を卒業してからは、一度も指摘を受けたことはありません。

 

もちろん、うっかり手入れをせずに運動をして汗をかいてしまうと、少しにおいが生じるような気がすることがあります。

 

そんなときは、周囲の人に届いてしまわないかと不安になってしまいます。

 

その場合は、汗をかいたら、すぐにふき取ったり、着替えをしたり、可能な範囲ですぎにケアするように注意しています。

 

自分自身のにおいは、なかなか気がつきにくいものです。

 

そして、それが一番困った部分であると感じています。

 

知らず知らずに周囲に迷惑をかけることは避けたいと考えていますが、もし、また体臭が強くなってしまったら、と考えると不安です。

 

そのため普段から、なるべくにおいの強いものを食べないようにも気をつけています。

 

わきがのにおいは特に敬遠されがちです。

 

周囲にも大勢いますが、本人は気付いていないように感じることも多々あります。

 

そう考えると、やはり、これからもしっかりとケアをしていって、においが出ることがないようにしたいものです。